メンバー募集

いよいよ、動き出します。

 

sake_shinは、個人からチームへ。

 

より深く表現するために。

 

皆様

 

募集ページからお問い合わせください。


1 コメント

SHIBUYA SAKE FES

5/14のSHIBUAYA SAKE FES

話を聞いて面白かった言葉

 

「今からタイフェスも行くんですよね」(20代ナチュラル系女子)

「合コンみたいなもん」(ネオギャル風女子)

「酒は全部好き。別にこだわりはない。」大学生?男女混合グループ

 

なるほどねー。

 

この辺りはまたSAKETIMESで詳しく書きます。


1 コメント

5/18

島の食

全国の「離島の食」を食べられる「離島キッチン神楽坂」

 

海士町のコシヒカリに屋久島のトビウオ出汁のおすまし、淡路島の蛸のから揚げに、八丈島ムロアジのメンチカツなど。これでもかと離島飯が食べられます。

 

2000円ランチは贅沢だけど、屋久杉のテーブルや、軒先の葦簀や、掲示板、店の中に通る風と、島の食べ物を食べれば、なるほどありです。

 

夜は居酒屋のような食堂のような。

淡路島の「千年一」佐渡島の「真野鶴」「北雪」など。

もちろん日本酒もありますよ。


1 コメント

5/17

あがいんちゃ東北×SHIBUYA SAKE FES

5/14はあがいんちゃ東北のスタッフとしてお手伝い。

 

SHIBUYA SAKE FES 2016は年々認知度あがっていますが、この日はざっと見ると半分以上が20代~30代ではないか。

 

少し前まで日本酒イベントで良く見かけるのはお一人様のコアなおじさま達でした。

 

いまや年齢層がぐっと下がって。

おもしろいことが起きてます。

 

 


1 コメント

5/13

忘れるコトを忘れる

1か月前に飲んだ日本酒のおいしさを語れる人は少ないでしょう。

 

僕なんて昨日自分で作ったごはんさえ忘れます。

(右の写真は数少ない記憶に残っているまぐろと長ネギの辛子味噌和え)

 

僕たちは常に忘れる。

でも、忘れることを忘れる人の何と多いことか。

そして残念なのは忘れることを認識すらしていないこと。

 

だから忘れないために続けるというのは非常にポジティブだなぁと思うわけです。

 

そしてまたせっせと思い出すための引き出し作りをする。

 

それが生業になるのかもしれません。


1 コメント