blog/news

おいしかった日本酒の紹介やお店のレポート、書の紹介から音楽まで。

 

SAKE_SHIN

 


2/26 ZER01 レポート

-ZER01 Vol.4-

続きを読む 2 コメント

2017 ZER01

2/26  ZER01 開催

続きを読む 2 コメント

10/23 ITADAKI VOL2 レポート

続きを読む 2 コメント

たこと早生みかん

10/23  ITADAKIにむけて

色々と料理を作っていますが、

昨日は、

「蛸と早生みかん」を。

 

「七味とすだちの効いたポン酢」にさっとくぐらせて口に含むと、蛸の塩気とミカンの甘み、酸味が口の中で魅惑のコラボレーションを生み出します。

さっとできて時短の逸品。

 

みずみずしい生酒や、

発泡清酒にも。

 

是非一杯目に合わせてください。


続きを読む 2 コメント

10/23(日) 主催イベント【ITADAKI】 予約受付開始

12:00 二か月に一回だけ開店する日本酒BAR

12/23(日)12:00より、 前回大盛況に終わった、「ブラインド日本酒飲み放題」イベント 【ITADAKI sake&sence VOL2】を新宿 ゴールデン街 無銘喫茶にて開催!

昭和レトロなバーカウンターで、今回は僕が料理をつくりながら、皆さんと過ごしたいと思います。

 

12/23 日 新宿ゴールデン街 無銘喫茶

会費 5000円

日本酒 8種飲み放題 

料理 5~6品ほどお出しします。

 

自分でつけてみる「セルフ熱燗」体験や、

初心者・女性でのご来店がとっても多いです。

 

キーワードは

【日曜の昼のみ・ゴールデン街・日本酒】です。

こちらからご予約ください。

続きを読む 2 コメント

淡路島のすだちで日本酒カクテル

淡路島のすだち

淡路の親戚より、すだちが沢山届きました。形はちょっと不揃いですが爽やかでみずみずしい果汁がたっぷりの一級品。料理にも、日本酒もとっても合います。

 

すだちと日本酒のカクテル

【材料】(1杯分)グラス容量300ml
・すだち 1/3個
・日本酒(できれば爽やかみずみずしいタイプ。本醸造など) 50ml
・ポカリスエット 50ml
・炭酸水(甘くしたければサイダーでも可能) 50ml
・塩(あれば岩塩など)
・氷

【レシピ】
1,グラスのふちに塩をまんべんなく
2,氷を詰める(満タンになるまで)
3,日本酒:ポカリスエット:炭酸水を1:1:1で注ぐ
順番は日本酒、ポカリスエット、炭酸水の順番がベストです。
4,1~2回ほど軽く混ぜます
5,スライスしたスダチ(約5~6枚)を一面に浮かべて完成。

お試しください。


続きを読む 3 コメント

9/17 ZER01 vol2 レポート

続きを読む 2 コメント

SEN 試飲販売会@下北沢

続きを読む 2 コメント

9/17 日本酒ラインナップ決定

明日に迫ったZER01 VOL2

~フルーティ吟醸酒飲み比べ12種~

 

ようやく日本酒ラインナップが決定。

今回はとってもメジャーな豪華なラインナップですよ。これを飲めば美味しいフルーティ酒を見つけられること間違いなし!

 

①獺祭 純米大吟醸50
②磯自慢 純米吟醸
③釀し人九平次 純米大吟醸 雄町
④SEN 純米大吟醸 山田錦
⑤鳳凰美田 芳 純米吟醸
⑥写楽 純米吟醸
⑦鍋島 純米吟醸生 山田錦
⑧久保田 萬寿 純米大吟醸
⑨飛露喜 純米大吟醸
⑩ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹
⑪新政 ラピスラズリ
⑫紀土 純米大吟醸

 

申し込みはこちら

続きを読む 2 コメント

9/17 ZER01 Vol2 開催

今、流行のフルーティーな日本酒 飲み比べ〜獺祭、磯自慢、鳳凰美田、冩楽、e.t.c 12種類の吟醸酒を楽しむ〜@神田

続きを読む 2 コメント

8/28 ITADAKI  sake&sence レポート

8/28(日)

ITADAKI -sake&sence @新宿ゴールデン街 無銘喫茶

初開催でしたが、めでたく満員に。いやーありがたい。

どれだけ詰めても20人がMaxの店内。そして日曜昼酒。ほっこりな雰囲気。

「場の熱気を切り取る」ミウラ先生の写真で伝わりますかね。

お初&おひとりでの参加も多い。そう、一人のほうが新しい世界は開けるのだ。

続きを読む 2 コメント

すいかと日本酒 純米大吟醸「SEN」

31度。真夏日

夏はすいか、

スイカと言えば日本酒です。

 

甘い甘い小玉すいかが届きました。

はちきれんばかりの果汁をため込んだすいかは包丁を入れた瞬間に、バリッと弾けます。

 

みずみずしく酸味のない甘みには、同じく2016年4月にリリースされたばかりの「SEN」を合わせましょう。

 

このお酒は山田錦の聖地兵庫県加西市の酒米農家が商品設計~販売までを手掛けた最新の日本酒。

精米歩合40%まで磨き、贅沢で甘い果実味を感じられる味わいです。

おいしい味の組み合わせの基本は「同調」。熟れたフルーツと熟れた果実香が特徴のSEN。合わない訳はありません。

 

暑い夏の至福の時間。

 

「夏・日曜・昼酒・すいか・SEN」です。


続きを読む 2 コメント

8/28 日本酒ブラインド飲み比べ放題イベント受付開始

8/28 ITADAKI sake&sence

続きを読む 1 コメント

7/30 共催イベント「ZERO1」レポート

ZER01 VOl.1 -最先端の日本酒飲み比べ-

続きを読む 1 コメント

8/28 イベント開催

8/28 12:00-

自主企画【ITADAKI sake&sense】

開催します。

 

◇日本酒を媒介に自らの感性を磨く

◇全銘柄ブラインド日本酒飲み放題6~8種 3500円

◇大阪難波の大人気和食店の料理人がつくるおつまみ500円~

◇テーマ「最高の楽しみは自分で遊びを見つけ出すこと」

 ◇場所:ゴールデン街 無銘喫茶

申し込み:当問い合わせページ&後日peatixでも募集予定。

 

初心者~玄人まで。日本酒が好きな人誰でもOK。知識や技術は一切不要です。

 


続きを読む 1 コメント

和歌山の桃と生酒

和歌山荒川の桃が届きました。

 

みずみずしさと甘さ。

弾けるジューシーさがたまらない夏の果実の王様です。

 

梅雨のじめじめした時期ですが、珍しく晴れた日は夏を予感させる35度。

 

そんなとき、

桃とジューシーな生酒を合わせるのがおススメ。

特にガス感が少し残っているタイプがグッドです。

この日は山口県 五橋 純米生酒

 

さっと洗った桃の薄皮を向いて、丸互ごとかぶりつきながらぐい飲みで生酒

をクイッとやる。

子供の頃、実家の縁側に座って食べた夏の姿が思い出されます。

 

子供の頃に戻ったつもりで、ガブリ。

 

これぞ夏の贅沢。

ぜひお試しください。

 


続きを読む 1 コメント

7/30 イベント開催

7/30

共同イベントやります。

最先端の日本酒を飲み比べしよう〜新政&紀土飲み比べ〜

「楽しむためには知ればいい」

 

時流と、確かな理由を考えながら、

飲みながら、ワイワイやります。

 

◇会費5000円

◇場所 TAM東京1F
コワーキングスペース
申し込みは以下より

ここからチェック

 


続きを読む 1 コメント

ワンカップ革命

かの有名な酒販店「味のマチダヤ」さん。

 

こちらでは全国の蔵元70銘柄のワンカップがリーチインショーケース一杯に並んでいます。

値段は300円前後で 180ml。

 

従来のワンカップのイメージがガラリと変わるパッケージデザイン。

ショーケースから好きなお酒を選ぶ楽しさ。

 

アウトドアでも、ホームパーティでも。旅行の新幹線の中でも、大好きな日本酒を【いつでも自分の手元に】を可能にします。

 

素晴らしいアイデアですね。

 


続きを読む 1 コメント

美味しいお店の共通点

美味しいお店・また行きたくなるお店の共通点てなんでしょうか?

 

実は一品一品のお皿の美味しさを追求するお店は多いです。

でももう一度行きたくなるお店は、

「食卓全体でのおいしさ」を追求している店です。

 

そうすると店主の価値観や個性が料理や飲み物、家具、全てに現れます。魅力がほとばしっていて、価値観が似た人を惹きつけます。

 

だから僕たちも日本酒を伝えるために、周りの風景全てをデザインしようと思うのです。


続きを読む 1 コメント

NEWPJ について

「自分らしい日本酒生活」を見つけられる場として、やっとこさ新プロジェクトを開始します。

 

その名も「ITADAKI」。

 

「頂きます。」と「自分らしさの頂き=個性を投影する場」の2重の意味をかけた、

 

月イチ開催の日本酒カフェ&BARです。

 

今はまだ準備中ですが、今夏には開店予定です。

 

お楽しみに。

 

 

続きを読む 1 コメント

メンバー募集

いよいよ、動き出します。

 

sake_shinは、個人からチームへ。

 

より深く表現するために。

 

皆様

 

募集ページからお問い合わせください。


続きを読む 1 コメント

SHIBUYA SAKE FES

5/14のSHIBUAYA SAKE FES

話を聞いて面白かった言葉

 

「今からタイフェスも行くんですよね」(20代ナチュラル系女子)

「合コンみたいなもん」(ネオギャル風女子)

「酒は全部好き。別にこだわりはない。」大学生?男女混合グループ

 

なるほどねー。

 

この辺りはまたSAKETIMESで詳しく書きます。


続きを読む 1 コメント

5/18

島の食

全国の「離島の食」を食べられる「離島キッチン神楽坂」

 

海士町のコシヒカリに屋久島のトビウオ出汁のおすまし、淡路島の蛸のから揚げに、八丈島ムロアジのメンチカツなど。これでもかと離島飯が食べられます。

 

2000円ランチは贅沢だけど、屋久杉のテーブルや、軒先の葦簀や、掲示板、店の中に通る風と、島の食べ物を食べれば、なるほどありです。

 

夜は居酒屋のような食堂のような。

淡路島の「千年一」佐渡島の「真野鶴」「北雪」など。

もちろん日本酒もありますよ。


続きを読む 1 コメント

5/17

あがいんちゃ東北×SHIBUYA SAKE FES

5/14はあがいんちゃ東北のスタッフとしてお手伝い。

 

SHIBUYA SAKE FES 2016は年々認知度あがっていますが、この日はざっと見ると半分以上が20代~30代ではないか。

 

少し前まで日本酒イベントで良く見かけるのはお一人様のコアなおじさま達でした。

 

いまや年齢層がぐっと下がって。

おもしろいことが起きてます。

 

 


続きを読む 1 コメント

5/13

忘れるコトを忘れる

1か月前に飲んだ日本酒のおいしさを語れる人は少ないでしょう。

 

僕なんて昨日自分で作ったごはんさえ忘れます。

(右の写真は数少ない記憶に残っているまぐろと長ネギの辛子味噌和え)

 

僕たちは常に忘れる。

でも、忘れることを忘れる人の何と多いことか。

そして残念なのは忘れることを認識すらしていないこと。

 

だから忘れないために続けるというのは非常にポジティブだなぁと思うわけです。

 

そしてまたせっせと思い出すための引き出し作りをする。

 

それが生業になるのかもしれません。


続きを読む 1 コメント

5/12

思想ナキモノ

飲食店に関わる仕事していると、長期的に支持される店に共通するものが見えてきます。

 

それは思想が明確だということ。

 

料理がおいしい、サービスがいい、日本酒が豊富・・・・それらは全てその「思想」を体現する表現の一つです。

 

技術はあとからついてくる。でも「思想ナキモノ」では勝負すらできません。


続きを読む 1 コメント

5/10

物欲なき世界より

市場で求められる価値基準も変わる。新しい、見た目がいい、機能が多い、高級といった価値よりも、関わっている人の顔が見える、信用できる、長く使える、公益的といった価値に重きを置かれることになる。」(物欲なき世界より引用)

 

このように食の業界でも、ただのクラフトブームではなく、根底に流れる時流となっています。

その影響で消費者から「ホンモノ」の認定をもらえない企業はどんどん淘汰されていく。

体感的にそんな感じがします。

 

 

 


続きを読む 1 コメント

5/9

焼きおにぎりの深み

焼きおにぎりは深いです。

 

日本酒とアテ一杯やったあと。

 

さて

網の上でじっくり。

崩れないよう素焼きで周りをパリッと。そのあと丁寧に醤油ダレ弱火。

 

ささっとハケ塗り、片面焼き5分。

裏返して5分

 

ひたすら繰り返し繰り返し。

 

深いのです。目が離せないのです。

 

おいしいわけです。


続きを読む 1 コメント

5/8

風の森 露葉風×春のいちご

温かさが一段と、

新緑の季節です。

 

風の森 露葉風 純米70

奈良県の酒造好適米です。

 

みずみずしいのに、クリーミィ。

 

ふわふわのメレンゲを上からかぶりついたみたい。

 

 

思わずキュっと顔が縮んでしまう春の苺の甘みと酸味。

ミルキーさを足すためには、練乳をかけるでしょう。

 

それと同じハーモニー。

 

口の中で完全に重なりあった後は、さらっとまた自分たちの味わいに。

 


続きを読む 1 コメント

5/7

蒸し豚と笑四季

◇蒸し豚の香味だれ焼き。

 

紅ショウガを添えると脂身もサッパリ食べられますね。

 

◇EMISHIKI

Sensation black

 

キレと酸味がまたよく合います


続きを読む 3 コメント

blog

「だらしなさ」の中の「渾身」

ブランドが陳腐になる瞬間というのは、提供する側の持つ能力以上の表現が蔓延し、認識された状態といえるかもしれない。

 

そういう意味でプロダクトを表現する方法としては、仕事における「だらしなさ」「手抜き」を表現することから始まるのかもしれません。その「だらしなさ」の中の「渾身の一撃」部分がプロダクトの持つ魅力であり、作りだす本人が唯一伝えたい魅力かもしれないと思うのです。


続きを読む 1 コメント

「Neighbors Gathering」自由学園明日館

3/4(金)

池袋 自由学園明日館で、nice things.主催の「neighbors gathering]」に参加。

 

今回のテーマ「作ること、使うこと」に沿って、

 

work shopとロングテーブルを囲む食事で心地よいひと時でした。

 

続きを読む 1 コメント

お神酒

日本酒は元々神様に捧げるために作られました。

 

ですのでお神酒とは、神様に捧げる日本酒のことです。

 

神様に捧げたあとの日本酒はその霊力が宿っているとも言われます。

 

新年の始まり、新たなスタートに、神様の霊力が宿った日本酒を頂く。

 

普段飲む「楽しい日本酒」もいいですが、

 

「清々しい気持ちで、体に染みわたらせる神様のお酒。」

 

少し心持ちを変えて飲むだけで、身も心も洗われるような気がしてきます。

 

過去と歴史を知ることで目に映るもののを色や輝きを変えることができますね。

 

皆さまも是非。

 

1 コメント

賀正 2016

2016年

あけましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願い致します。

 

2015年は、「場」年でした。

2016年は、「始」年になります。

 

故郷に戻り、友人と語らい、家族でおいしいおせち料理を囲みながら、

 

今日から「お手本になる、日本酒生活」スタートしていきます。

 

 

続きを読む 1 コメント

外食・酒の軽減税率

先日、軽減全率の取り決めについて新しい決定がありましたね。

 

酒類・外食は軽減税率の対象からは外れますが、「外食」そのものの線引きをどこに置くかは、まだまだ曖昧な部分も残っています。

 

特にコンビニでのイートインは容器を前提に線引きするということですが、

 

食器で提供するタイプのイートインでは「外食」とみなされるということです。

 

ともかく、外食産業においては特に逆風が迫っているというの言うまでもありません。

 

特に施行されてすぐの2017年は外食が一気に控えられるという反動も予想されますので、なお一層淘汰されざるを得なくなります。

 

外食が控えられると、消費者はどういった行動をとるでしょう?

 

当然、家での消費が多くなる。

なぜなら、食料品だけでも8パーセントの据え置きになるからですね。

 

それにその状態に合わせて新しいビジネスモデルも生まれてくることで、

今まで外食を楽しんでいた層が、

別の新しい食事のライフスタイルに流れていく可能性があります。

 

コンビニが「カフェ」となり、「本屋」になったことと同じです。

 

続きを読む 1 コメント

渋谷防災キャンプ2015

SHIBUYA防災キャンプ2015

 

11/14参加してきました。

 

NPO団体 SHIBUYA大学のプログラムで、年に一回代々木公園でキャンプをし、

 

首都直下型地震が起きた想定の中で、自分がどのようにあるべきか?

 

を体感しながら学ぶ、ストイックでエンターテイメントなイベントです。

 

他の参加者とともにテントを張り、自衛隊のミッショントレーナーから講義を受けて、

 

夜と早朝、フィールドワークを交えながら普段では想定していてもできない体験を身近に

 

味わえるということで即決で申し込みました。

 

「災害が起きたら?」を自らに問いながら、マジメに楽しく参加です。

続きを読む 1 コメント

AOYAMA SAKE FLEA

みなさんこんばんは。

 

11/7.8で行われた aoyama sake FLea

 

生憎の雨模様でしたけど、仕事の合間に顔を出しました。

 

男子野菜部さんが運営するFarmer's Market @ UNU。

 

こちらのイベントで今回3回目となるaoyama sake FLea vol.3は、

 

ファーマーズマーケットに併設されて行われています。

 

 

日本酒・ファーマーズマーケット・クラフトグッズなどなど、

 

農・工のクラフトマンたちが手掛けた質の高い、人柄と素材のストーリーが


詰まった商品が並びます。

 

 

続きを読む 1 コメント

秋・冬・深まり

今日は何気なく秋、冬へと移る写真をアップします。


ただ、それだけです(笑)


でも、毎年ちゃんと季節の移り変わりを意識して、


自分の中に蓄えていくことって大切。


2015年の紅葉はこんな色してたな、とか。


朝起きて「あっ秋だ」と感じたのは、何月何日だったのか、とか。


毎日の空気のにおい、空の青さ、意識しておかないと忘れる。


イメージだけの世界になっちゃう。


ちゃんと肌で感じた記憶、残しておかないとですよ。



自分の脳ほど


あてにならないものはないって、最近になって気づきました(笑)



ちなみに明日は 


青山SAKE FLEA


参加してきます。


では、秋の空気をお楽しみください。




SAKE_SHIN


紅葉

続きを読む 1 コメント

「ワタリガニ」と日本酒

「ワタリガニ」には旬が二回ある。


春から秋にかけてはオスが、そして冬から春にかけてはメスがもっともおいしいとされ、


昔から日本で愛されてきた、海の宝物。


さぁスーパーに並びだした。これは、さっそく頂かないと---------


甲殻類は日本酒との相性は抜群。


福井や、兵庫など、カニが良く取れる場所にはおいしい日本酒も揃っている。


決めた----------------------------


続きを読む 1 コメント

オートミールクッキー&ホット日本酒ラテ

みなさんこんにちは。


良い休日を過ごす=「素晴らしいカフェタイムを過ごすこと」だと思っているのは私だけではないですよね。


いつもはコーヒーと、お菓子で過ごすカフェタイムですが、


今回はもうちょっと手の込んだカフェタイムを過ごそうということで、


「手作りオートミールクッキー」×「日本酒ホットラテ」をご紹介します。


オートミールとはご存じの通り燕麦というものでシリアルの一種です。


食物繊維や鉄分など栄養価の高い食品として女性にも人気ですね。


タネを作る所要時間は15分くらい、オーブンで30分くらい焼けばあっという間に完成するクッキーは、家で簡単にできますのでおススメです。


焼きあがる直前にオーブンから漂う、甘いバターの香りが最高のカフェタイムを演出します。


日本酒抹茶ホットラテ

続きを読む 6 コメント

酒ふくろう2015

みなさんこんばんは。


10/10,11にかけて池袋で開催されていた、「酒ふくろう祭2015」に参加してきました。


このイベント、池袋エリアで日本酒に力を入れる有名店が揃って飲み歩きできるというイベントです。


事前チケットで通行証を購入すると、約10店舗ほどのお店で300円~500円とお安い値段で日本酒&おつまみが注文できます。


このイベントの良いところは、飲食店の新規開拓が一日でできること。


やっぱりクチコミだけではわからないリアルな体感で、お店を知ることが大事。

続きを読む 1 コメント

スーパー、コンビニで買える美味しいお酒 【福島】末廣 山廃純米酒

香り  ★★★

◇お米、少し枯れ木を連想させるような香り。 

旨み  ★★★★

◇真骨頂は40°C弱で一気にふくらむ旨み。コクが一級。

キレ  ★★★

山廃純米らしい特有の乳酸由来の酸味。油ものにも。

料理  ★★★★★ 

◇牡蠣の土手煮、酢豚、中華料理全般にも相性よし。

CP ★★★★

◇4合瓶で1000円ほど。安定感と、全般にクオリティの高いお酒です


続きを読む 2 コメント

すじこの醤油漬け

秋といえば酒、そして鮭。

 

朝晩が肌寒く感じるこの季節になると、秋鮭が川をのぼる。

 

そして筋子の季節。

 

体の中にある大切なエネルギーをしっかりためこんだ筋子は、

 

僕にとって秋の味覚の王様のうちの一つです。

 

この時期になるとスーパーにもしっかり並んで、ピカピカと光るオレンジ色の光沢が一層食欲をそそってきます。

 

やっぱり今年も醤油漬け、作ります。


続きを読む 1 コメント

21:15 帰宅 もうかさめ to SAKE

みなさんこんばんは。


さて、さっき帰ってきました。


時間は21時前。


奥さんはまだ仕事です。


9月から本格的に仕事をすることになったんで、最近は帰ってきてなるべくごはんも作るようにしてます。


洗濯、掃除、ゴミ出しから、家事って本当にずっと続くから、協力体制しかないとですね。


ということで、今日は近くのダイエーで「もうかさめ」をゲット。

続きを読む 4 コメント

日本酒の日 ジョウゾーオン

10月1日、日本酒の日!


ということで、各地でイベントや19時30分にみんなで乾杯など、盛り上がった一日でしたね。

今年は

日本酒×音楽の新しい取り組み「ジョウゾーオン」参戦!


場所は渋谷 SOCIAL CLUB TOKYO


主催は富士虎さんです。


音楽シーンと日本酒の異業種コラボという試みは、聞くだけでワクワク。

異次元のカルチャー同士が起こす化学反応がきっとある!


ということでドキドキしながら潜入。



続きを読む 1 コメント

ロハスフェスタ 2015 in光が丘公園

こんにちは。

 

昨日はロハスフェスタに参加してきました。

 

天候は生憎の曇りでしたが、人はすごくて大盛況!

 

みなさんご存じかと思いますが、

 

ロハスとは

Lifestyles Of Health And Sustainability

健康と、持続可能な社会に配慮したライフスタイル

 

のこと。

 

また、宝酒造さんがブースを構えていらっしゃいました。

ベロタクシー(化石燃料を使用しない自転車タクシー)の広告スポンサーでもあり、子供たちにも大人気。

 

日本酒が飲める出店はなかったのが少し残念だったけど、

緑の中、キャンドルの手作り体験や、ワークショップもたくさん開催されていて普段ではなかなか経験ができた方も多かったのではないでしょうか?

 

 

 

続きを読む 1 コメント

【和歌山】紀土 純米吟醸酒  ひやおろし

香り  ★★★★

◇心地よい上品。フルーティな吟醸香が楽しめます。 

旨み  ★★★

◇全体的にスマートなボディですが、バランスのよい旨みあり。

キレ  ★★★

◇少しの酸味とドライな舌触りで最後は抜けていきます

料理  ★★★★ 

◇香りが若干強いので、フレッシュチーズや、ハーブ、柑橘ソースを使ったムニエルなど。

CP ★★★★

◇一升瓶で2200円ちょっと。バランス・香・うまみ、このスペックでなんと安いお酒なのか。



若手蔵元が織りなす注目の日本酒

続きを読む 1 コメント

スーパーで買える美味しいお酒【山梨】七賢 純米酒

香り  ★★★★

◇とっても爽やかなお米、わらび餅のような香り。 

旨み  ★★★

◇淡麗純米という名にふさわしいすっきりした中に程よく広がる旨み。

キレ  ★★★

旨みの余韻もほどほどに、さっぱりした後口。

料理  ★★★★ 

◇冷たくするなら真鯛、平目の縁側など白身魚。常温ならローストチキンなどに。

CP ★★★★

◇4合瓶で1000円以下のハイパフォーマンス。飲みやすく初心者にもおススメです。

わらび餅のような香り、まさに淡麗純米

続きを読む 1 コメント

伊藤食品 おいしい鯖 醤油煮

こんにちは。


今日のお休みは、朝から贅沢に。プレミアムさば缶。


伊藤食品 美味しいサバ 醤油煮。


これ、とってもおいしいんですよ!


今回頂き物で初めて食べましたが、ビジュアルからごろっとさばが丸太のように入っていまして。


普段はさば缶はあまり食べないんですが・・・


味もすごく優しくて美味、こうやって器に盛り付けるだけで本格的な一品になります。



続きを読む 1 コメント

逆境経営 

こんにちは。


かねてから読みたかった本、獺祭で有名な旭酒造、桜井博志さんの「逆境経営」。


タイトルの通り様々な逆境を乗り越えてきた様が描かれているのですが、


この本の中でとても共感できたのは、


桜井社長の「日本酒」に対する柔軟な考え方。


海外の人が日本に来て日本酒に落胆するというくだりにこんなエピソードがあります。


頼みの綱の地酒こだわり店は、来ている常連客も含めてあまりにこだわりが行き過ぎて一般のお客様は入り込めないという現状がある。日本酒が売れないのも無理はありません。(本文より抜粋)




私もこういうお店にいくとそんな風に言われているように感じてしまうことがあります。


悪いとは言わないけど、これってものすごく保守的な部分を表している。

自分の好きな日本酒は認められてほしいけど、あんまり売れてほしくない。

「素人でわからない人が日本酒を語るな」と言っているよう。

僕が思うに伝統って、そうやって攻撃される前から守っているような人たちでは絶対守れないと思うんですよね。



そしてもう一つ、これからの日本酒がやるべきことを表す一節

異文化との衝突による洗練は、日本酒の成長にとって必要。ワインはすでに数百年にわたってこの経験を積んだからこそ現在の隆盛がある。(本文より抜粋)



これはすごく納得できるし、今日本酒が積極的に世界に働きかけていない部分だと思います。


よくある、日本酒に対しての知識を深める内容でなく、

これからの日本酒の将来を本気で考え、実行に移している最前線のリーダーの姿に感銘を受けます。




そんな風にして考えると私的には

国内市場において

②枠にとらわれない(これは奇抜な日本酒をつくるとかそんなことではなく)シンプルなおいしさのを感性的に表現できる人たちの育成と、その環境の整備。


が必要だと思います。




特に国内の日本酒飲み手市場には、いまだに

知識を持つ者が優位というようなヘンな風潮があるように感じます。

「理論は簡単に少しだけ、聞かれたら説明できればいい。」

その為の勉強は必要だけど、飲み手として知識を振りかざしてはいけない。



感性で伝わる「日本酒生活」をこれからも発信していきます。


SAKE_SHIN


1 コメント

七里ヶ浜と夏の終わりとお皿

妻とドライブを兼ねて鎌倉周辺、七里ヶ浜へ。


悪天候のせいもあって「夏の海」という感じではなかったけれど、


これはこれでなかなか良い雰囲気。


ついでに、この日の買い物で新しく仲間入りした器をご紹介。


両方とも500円で安いけど、ちゃん夏の終わりを演出してくれそうな美濃焼の器で、


使い勝手が良さそうです。


王道の和食だけではなく、パスタやアクアパッツアにも使えそうですね。


続きを読む 1 コメント

スーパーで買える美味しいお酒【秋田】高清水 純米大吟醸 45

香り  ★★★★★

◇洋ナシ、青りんごのようなみずみずしく華やかな香り。

旨み  ★★

◇旨みの質はナチュラルで、心地よい

キレ  ★★★★

 個人的には辛口でドライに切れていく。食前にはぴったりですね。

料理  ★★★

 サーモンのレモンマリネ、ハーブ系の前菜、カツオのたたきのサラダ仕立て。

CP ★★★★★

◇スーパーで手軽に買える純米大吟醸。一升瓶に換算しても3000円以下。驚きのコスパです。


続きを読む 1 コメント

酒造銘柄NOTEBOOK

みなさんこんにちは。


昨日渋谷ヒカリエの8F TOKYO WONDERING CRAFT 2015に立ち寄りました。

@cube3で出店されていた、酒造銘柄ノートさんに訪問。


日本酒のラベルをそのまま使い、再生段ボールを使って一つ一つ手作りされたオリジナルの酒造銘柄ノートです。


全国の蔵元には家族経営の小さなところも多く、

酒造りで手が一杯で、中々広告宣伝にまで体力、頭も回せない現状のところも多いのが現状。


テレビや大々的な宣伝はできなくても限りある資源を有効に使って、知恵を働かせ自分たちの存在を伝える術としては中々いい取組みですよね。


企画されているのはデザイン会社の株式会社もてなすさん。

代表の阿藤さんにも色々とお話を伺いました。


日本酒業界を見ていると

伝統は守っても、閉鎖的にはなってはいけない。

私はいつもそう思います。


知らず知らずのうちに保守的になるのが人間だと理解しながらも、

しっかり心の扉を開いて、受け入れるものは受け入れる、いらないものはきっぱり捨てる、という勇気と行動力と知識をもってジャッジを下し、日本酒業界を盛り上げていきたいですね。


酒造銘柄ノートブックはこちら

2 コメント

練馬 酒膳 蔵四季

こんにちは(^^♪


練馬のおいしい日本酒と和食のお店の紹介です。


【練馬】蔵四季


はじめてお邪魔しました。


昼からゆったり妻とでかけて、バケモノの子を見て、ちょうど5時頃。


最近は仕事の関係もあって、エスニックやメキシカンを多食してたので、


テンションはうなぎのぼり(笑)


続きを読む 1 コメント

【山口】五橋 純米生酒

香り  ★★★

◇みずみずしい米と、少し洋ナシのような香り。

旨み  ★★★★

◇ピチピチした生酒の旨み。開栓仕立ては少しガス感も感じます

キレ  ★★★★★ 

びっくりするほどにキレが良く、スッキリしています。飲めない奥さんも絶賛(笑)

料理  ★★★★ 

 料理全般に合わせやすいですが、生酒なので生の素材を楽しめるものの方が相性は◎

CP ★★★★

◇一升瓶で2500円で、厚み、キレ、香りと質が抜群。おススメ

梅雨から夏にぴったりの純米生

続きを読む 1 コメント

しない生活。いいよねぇ

皆様こんにちは。


今日は久しぶりに自分のことを書いてみます。


僕は本を読むのが大好きなのですが、


ついこのあいだの休日、古本屋で見つけた小池龍之介さんの「しない生活」。


それを読んで凄く自分にあてはまる一節がありましたのでご紹介します。


それは


ー「こういう自分でありたい」と願えば願うほど、苦しみが押し寄せる。ー


という一節。




なんとなく、最近、自分も理想や目標にとらわれ過ぎていたなぁと感じます。


本来自分が好きだった日本酒のことも、心地よい生活を求めることも、


「こうありたい」と思う中で次第に、


「こうあらなければ」に変わっていってしまったようです。



だから結局ブログの更新も義務化してきて、


始めたころのウキウキした気持ちが薄れていく中で、


結局更新しなくなっていったみたいです。


本当の自分の心は「楽しくないのに書きたくなかった」なんですよね(笑)



移り変わる自分の心を「美しい」と思えるか「ダメなヤツ」と捉えるか。


今までは「ダメなヤツ」と思う自分が勝っていたけど、


今は「美しい」と思って、


ちょっと自分で笑いながらこんなこと書いてます(笑)



もう一度ありのままの自分をさらけ出して、


日本酒があって、心地よい生活を表現してきたいな。



今日は仕事を早めに終わらせて、


おいしい日本酒を買って、しみじみゆったり過ごしま~す。







移り変わる自分の「美しさ」で 心地よい生活を


SAKE_SHIN

1 コメント

【群馬】WAKAZE  SWEET×SPARKLING

香り  ★★★

◇穏やかでみずみずしい米の香り。発泡

旨み  ★★★★

◇活性清酒ならではのピチピチした旨み。ジュワジュワ きます。

キレ  ★★★★ 

旨みの余韻は続くのですが、とてもキレイなため尾をひきません。

料理  ★★★★ 

 発泡系なのに驚くほど料理を邪魔しない。旨みとキレのバランスがいいからです。

CP ★★★★

◇スペックの違う全5種類の300mlセット。限定品ですが色々楽しめてお得です。

WAKAZEプロデュースの限定品

続きを読む 1 コメント

純米吟醸とは?

純米吟醸の条件

 

原料:米、米麹、水のみ

麹米の割合:白米に対する15%以上

白米の等級:3等以上の格付けされたもの

精米歩合:60%以下

作り方:吟醸造り


今回は特定名称酒の中の「純米吟醸」について詳しくご説明していきます。

 

純米吟醸とは純米酒の規定にある米・麹・水だけで作られているのはもちろん、

 

何よりも特徴的なのは、「吟醸香」という特有の香りの成分です。

 

精米歩合に関しても、「純米酒」に対しては規定がなかったのに対して、

 

60%以下という規定をクリアする必要があります。


では詳しく見ていきましょう。

 

 

続きを読む 3 コメント

純米酒とは

純米酒の条件


原料:米、米麹、水のみ

麹米の割合:白米に対する15%以上

白米の等級:3等以上の格付けされたもの

精米歩合:規定なし


続きを読む 1 コメント

特定名称酒とは

今回は「特定名称酒」のご説明です。


日本酒には、たくさんの種類があって、お酒それぞれによって個性が違います。


日本には2014年時点で1600以上の蔵元があり、


一つのメーカーからでも10~20種類以上のお酒が販売されているものです。


そんなたくさんの中から、自分の好きな日本酒を選びたいときはまずここを理解しておきましょう。

日本酒の分類はたった2つ

続きを読む 1 コメント

スーパーで買える美味しいお酒【兵庫】Fu. 低アルコール純米酒

香り  ★★★★

◇柑橘系の酸味を感じる爽やかな香り。  アルコール感も少ないので女性向け。

旨み  ★★

◇純米酒でありながら白ワインのような軽さ。

キレ  ★★★★ 

酸度が高く甘酸っぱさが特徴。べたつきをリセットしてくれるという利点があります

料理  ★★★★ 

同系統なら酢の物、フルーツ系なので、葉野菜、クリームチーズも◎

CP ★★★★

◇スーパーで手軽に買うことができ、値段も安価。テーブルワインの代わりに。


女性もスイスイ軽い日本酒

続きを読む 2 コメント

SAKETIMES 春のお台場日本酒祭り

皆様こんにちは。


5/30(土)

SAKETIMESが企画する日本酒イベントで、5分ほどですが登壇させて頂きました(^^)/

場所はお台場カルチャー×カルチャー


関西から出てきてまだ時間がたっていないので・・・実はお台場も初上陸です(笑)



続きを読む 1 コメント

新緑の野菜の収穫

みなさんこんにちは。


ついこの間の日曜日、久しぶりの大阪に戻ったので実家の畑で少しだけ玉ねぎの収穫のお手伝いをしてきました(^^)/


いつもより少し早起きして6時に起床。


車で20分くらい走るともうすぐに、木々に囲まれた新緑の世界が広がります。


続きを読む 1 コメント

【京都】富士千歳 純米にごり酒

香り  ★★★★

◇お米のふんわりした香り。 

旨み  ★★★★

◇お米らしい甘さと質感の旨みをダイレクトに感じます。

キレ  ★★★ 

にごり酒なので、スッキリではないですが後口はベタベタしません。

料理   ★★★★

◇ミルキーな甘みと旨みはポン酢と相性◎。鶏の水炊きをポン酢とともに。

CP ★★★★

◇一升瓶2000円代のCP抜群。お手軽に楽しめる価格の安さが◎


にごり酒らしいお米の甘み

続きを読む 1 コメント

旬のいちごに合う日本酒

皆様こんにちは(^^♪


今回は「いちご」と日本酒の相性を考えていきましょう!


イチゴがもっとも店頭を飾るのは12月後半から2月位にかけて。でも、本来路地物の旬は4月頃。


みなさんのイメージする旬とは少し違うかもしれません。


ちなみに、写真の苺は実家の両親が育てたもの。送られてきましたが5月ですね(笑)


旬の苺は、みずみずしさと、優しい甘さと酸味。


まさに、苺本来の持つ自然なフレーバーと、イキイキしているのがすぐにわかります。


相性は「フレッシュさ」

続きを読む 1 コメント

責めとは?

皆様こんにちは(^^)/

 

本日は「責め」という専門用語についてお話します。

 

「あらばしり」「中汲み」のところでもお話したのですが、

 

この「責め」という言葉は、

 

搾ったお酒の順番を示す言葉の一つです。

 

搾ったタイミングによって、味わいが異なるのが日本酒。

 

ですので、そのうちの一つ、搾りの最後の部分が「責め」というわけです。

 

ちなみに、「あらばしり」「中汲み」「責め」の順番となりますよ(^^♪

 

※詳しくは「あらばしりとは?」で説明しています。

続きを読む 1 コメント

中汲み(中取り)とは?

皆様こんにちは(^^)/


本日は「中汲み」「中取り」という専門用語についてお話します。


「あらばしり」のところでもお話したのですが、


この「中汲み」「中取り」(どちらも意味は同じ)という言葉は、


搾ったお酒の順番を示す言葉の一つです。


搾ったタイミングによって、味わいが異なるのが日本酒。


ですので、そのうちの一つが「中汲み」というわけです。


ちなみに、「あらばしり」「中汲み」「責め」の順番となりますよ(^^♪


※詳しくは「あらばしりとは?」で説明しています。


続きを読む 1 コメント

あらばしりとは?

皆様こんにちは(^^)/


今回は日本酒のあらばしりの説明をしてみます。


まず「あらばしり」とは、


搾ったお酒の順番を示す言葉の一つです。


搾ったタイミングによって味が変わってくるため、このように名前がついているんですね。


そのうちの一つが「あらばしり」なのです。

続きを読む 1 コメント

スーパーで買える美味しいお酒【福島】大七 純米 生酛

香り  ★★★

◇ふくよかなお米、餅のような香り。 

旨み  ★★★★★

◇大七といえばこの旨み。じわじわ染みてきます。ぬる燗でベストな状態に。

キレ  ★★★★ 

乳酸由来の酸味が、しっかりとキレを作ります。

料理  ★★★★ 

◇とんかつ、コロッケ、メンチカツ。肉系の揚げ物が最高。

CP ★★★

◇生酛といえば大七、というほどの安心感はさすがです。各社スーパーでも買える魅力


続きを読む 1 コメント

そばに日本酒が合うワケ

「そばと日本酒は合う」。

 

それは日本酒好きには、ある意味定説です。

 

おいしいお蕎麦屋さんには、日本酒のラインナップが豊富なところも多いし、

 

コース料理の最後の〆にはうどんじゃなく、蕎麦が用意されているところも多いですね。

 

なんでこんなに蕎麦と日本酒の相性が良いと言われるんでしょう?

 

うどんや冷麦、そうめん、ラーメンにパスタと、

 

麺類はこんな沢山あるのになぜ蕎麦なのか?

 

ということで仮説を立ててみました。

 

そばの香りがいい?うどんやパスタは味が淡泊?

めんつゆと日本酒が合う?薬味と日本酒の相性が良い?

 

などなど、

なんとなくみなさんイメージで、感じるところもあるはず。

 

そこで色々調べてみましたよ。

そばはアミノ酸スコアが優秀

続きを読む 1 コメント

暑い。ざるそば

GWの真っ只中です。


特にGWだからどこかに行く。というのはウチにはありません。


むしろまずは早起き。といっても7時くらい(笑)で


近くの緑地公園に散歩にいって、ちょっと運動。


おいしい空気を吸って、適度に歩いていると・・・めちゃくちゃ暑い!


続きを読む 1 コメント

スーパーで買える美味しいお酒【和歌山】黒牛 純米酒

香り  ★★★

◇穏やかで控えめな米の香り。 

旨み  ★★★★ 

◇とってもまろやか、柔らかくて素朴な旨み。料理を包み込みます。

キレ  ★★★★ 

後口はスッキリのキレのよさ。料理の合間に活躍します。

料理   ★★★★★

◇食材のおいしさを、とことん引き出すスーパー食中酒。

CP ★★★★

◇値段もお手頃、そして最近はなんとスーパーでも流通しています。


料理をどんどんおいしくするヤツ

続きを読む 1 コメント

魚と日本酒が合うワケ

本日は魚と日本酒の関係についてお話したいと思います。

 

「日本酒には海鮮だよねー。」

 

これは誰でも知っていることですし、日本酒を置いているお店は殆ど魚料理もありますよね。

 

確かにそうなんですが、私が飲食店で勤務していた時、

 

「でも、そもそもなんで魚と合うの?」

 

とお客様から聞かれることがあったのです。

 

当然、最初はわからないので、

 

「魚が合わなかったら日本酒の歴史がもう消えてますって!」

 

とか言ってごまかしたりしてました(笑)

 

今日は、そんな魚との相性のお話です。

 


続きを読む 1 コメント

【東京】屋守 純米中取り 無調整生

香り  ★★★★

◇「お米のジュース」「完熟メロン」というフルーティかつ米の甘い香り。 

旨み  ★★★★ 

◇透明感があるのに濃淳なのは技術の高さ。「ミラクルジューシー」な旨みです。

キレ  ★★★ 

アルコール感があり、程よいキレ。純米らしい余韻も◎

料理   ★★★

◇このお酒のフレッシュさは「アテいらず」。敢えて言うなら、整えるたこ酢や塩辛。

CP ★★★★

◇決して安い純米ではないですが、技術が高く飲み応え抜群なのでCPはよし!



続きを読む 1 コメント

焼き餃子に合う日本酒

今回は「餃子に合う日本酒」のご紹介です。


持ち帰りや中華料理屋さんでも手軽に食べられ、


家庭でも簡単に作れてしまう餃子は、大好きな方も多いはず。


今日は家で、焼き餃子を作ってみました。


この餃子に合う日本酒をご提案します。


【福島】会津娘 純米酒

続きを読む 1 コメント

ゆったりした休日

皆様こんにちは。


今日は、家でゆっくりHPの更新したり、


近所の草花を写真撮ってみたりと、かなりゆるーく過ごしております。


緑がとってもきれいで、風も心地いいし、最高!


奥様も公園に散歩に行った後、昼寝しています(笑)


昨日は白金高輪にある GONZOさんで、知人と日本酒の会。


写真はないですが、凄くお酒の種類も豊富で、


水は「廣戸川」の仕込み水が用意されておりました!(^^)!


廣戸川、久しぶりに飲みたいなー。


また、今度おすすめ酒でUPします。


続きを読む 1 コメント

【山形】鯉川 純米吟醸 中取り

香り  ★★★★

◇フルーティな吟醸香は少なめ。爽やかでバランスがいいです。 

旨み  ★★★

◇程よく旨みありですが、上品にまとまっています。

キレ  ★★★★ 

後口はドライで辛口です。結構男らしいキレです。

料理  ★★★★ 

◇塩だれ焼き鳥にレモンを絞って。白身魚のムニエルも◎

CP ★★★★

◇精米歩合50%で、中取りのハイスペック。これで2000円代後半は安い。

続きを読む 1 コメント

日本酒と料理の「おいしい組み合わせ方」

「日本酒と料理をおいしく合わせたい」

 

日本酒が好きな方なら誰でも思うことですよね。

 

同様に、「白身魚だから吟醸かな?」とか、

 

「肉料理だし、コクがあるものだよね」とか、何となくで合わせている方も多いでしょう。

 

もちろん、それでいいんです。

 

アレコレ試しながら、好きな組み合わせを見つけていくことが、

 

嗜好品としての最も楽しい、贅沢な遊び方です(^^)/

 

しかしここでお伝えするのは、その遊びを支える基礎の知識たち。

 

ちょっとした「相性の基本概念」を知っておくだけで

 

その味わいの遊び方は無限に広がります。


続きを読む 3 コメント

【山形】楯野川 純米大吟醸 清流

香り  ★★★★★

◇さわやかなグレープフルーツやオレンジのような吟醸香。 

旨み  ★★★

◇サッパリ軽い。旨みの余韻は少ないです。

キレ  ★★★★ 

後口はドライで辛口です。

料理   ★★★

◇レモンや柑橘を使ったソースのサラダやカルパッチョ。重い料理は△

CP ★★★★★

◇CP抜群の純米大吟醸。お手軽に楽しめる価格の安さが◎


続きを読む 1 コメント

春のみずみずしい野菜とカレーと純米酒。

皆様こんばんは(^^)/

 

昨日、大阪の実家から、みずみずしい春の野菜たちが届きました。

 

新玉ねぎ、レタス・キャベツ、ほうれん草など、

 

この時期に旬を迎える葉野菜たちがいっぱいです。

 

今日はこの野菜たちをたっぷり使ったカレーとサラダを作って、日本酒を合わせます。

 

 

続きを読む 1 コメント

【滋賀】不老泉 山廃純米吟醸

香り  ★★

◇穏やかで控えめな香り。 

旨み  ★★★★★ 

◇柔らかく染み出る深いコク

キレ  ★★★★★ 

深いコクなのに一切ベタつかない。最高峰のキレの良さ。

料理   ★★★★

◇酢豚(酸味を感じる肉料理) グラタン クリームシチューなどの乳製品系。

人気度 ★★★★

山廃好きには言わずと知れた銘蔵 伝統の天秤槽搾り仕込み。


続きを読む 1 コメント

スーパーの美味しいお酒 【静岡】臥龍梅 純米吟醸 五百万石

香り  ★★★★

◇華やかすぎず、ほのかに甘い吟醸香。 

旨み  ★★★★ 

◇精米歩合60%。しっかり旨みも感じることができます。

キレ  ★★★★ 

程よい余韻に、良質な水を感じる引き際の良さ。

料理   ★★★★

◇中華・エスニックなどのスパイシー系以外は全て寄り添う。

人気度 ★★★★

静岡の銘酒として名高い。全量小仕込みのこだわりも人気の秘密。

続きを読む 1 コメント

スーパーで手軽に美味しい日本酒 南部美人

香り  ★★★

◇炊いたお米の柔らかい香り。 

旨み  ★★★★ 

◇料理に合う、バランスの良い旨み。

キレ  ★★★★ 

程よい余韻。冷やすと爽やかなキレ。

料理   ★★★★★

◇基本万能。赤身の魚、肉。天ぷらが◎

人気 ★★★★

◇海外進出も積極的に行う。技術の高い銘酒


皆様こんにちは(^^)/


本日は手軽にスーパーで買える「おいしいおすすめ日本酒」のご紹介です。


今回は【岩手】南部美人 特別純米


近くのライフで買い物。ほかにもおいしいお酒はたくさんありましたが、今日はこちらをチョイス。


海外進出も積極的に行い、全国的にも販路を持っている有名蔵。


スーパーに並ぶ日本酒はかつては大手酒造メーカーさんだけというのも多かったですが、


一般の方が身近においしい日本酒を楽しめるように、先んじてチャレンジしてくれていてうれしい限りです(^^♪


精米歩合は55%だけに


ふくよかなお米の旨みと爽やかさがバランスがいいお酒です。


スッキリ飲みたい方は少し冷やして。


料理に合わせていきたいなら常温か燗酒で。


万能に楽しめるクオリティの高いおススメのお酒です。



〒028-6101
岩手県二戸市福岡字上町13

株式会社南部美人


続きを読む 1 コメント

DIALOG IN THE DARK

昨日は外苑前にある ダイアログ・イン・ザ・ダークに参加させて頂きました。


ご存じの方もいるかと思いますがこちらは、


【純度100%の暗闇を体験するエンターテイメント】として有名です。


内容は詳しく記述は致しませんが、


【完全に視覚を奪われた空間】の中では、【いかに今まで目で見えるものに左右され、頼ってきたか】がわかります。


そして、視覚が失われることによって、他の感覚が研ぎ澄まされていく自分にも出会うことができました。


見えないことで想像力が凄く自然にあふれてくるのがわかります。


この感覚は忘れないようにしたいですね。


日本酒でも、お料理でも、先入観に左右されずに感じることできればもっともっと深く楽しむことができそうです。


見た目じゃくて、ちゃんと自分の舌でおいしいと感じて、表現することは大切ですね。


皆様も一度は参加してみては?(^^)




DIALOG IN THE DARK

東京 外苑前会場

東京都渋谷区神宮前2-8-2 レーサムビルB1F

TEL : 03-3479-9683




続きを読む 1 コメント

【佐賀】鍋島 特別純米

香り  ★★★★

◇みずみずしい米の香り。 

旨み  ★★★★ 

◇爽やかで、なめらか。バランスの良い旨み。

キレ  ★★★★★ 

◇スッと消える潔いキレ。上品に抜けていきます。

料理   ★★★★

◇白身魚のソテー・青魚。ハーブ系のアクセントも◎

人気 ★★★★★

◇今や全国で大人気。数々の著名な大会で賞を獲得

今や、佐賀を代表するお酒といっても言いすぎじゃないお酒【鍋島】


2011年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)

サケ部門でチャンピオン・サケに輝き、一躍その名前が知られ、今や全国的にも超有名な銘酒ですね。


初めてこのお酒に出会った時の味の感想は「消える魔法!?」


透明感とコクが絶妙ですが、スッと潔く口の中から消えていくキレに感動したのを覚えています。


「くどくて、あとに残る」かつての日本酒のイメージは微塵もありません。


そしてこの特別純米はコクと透明感のバランスが非常に良く、料理にも合わせやすいです。


こ今や手に入りづらいお酒になっている鍋島ですが、


10年ほど前の焼酎ブームの頃は、九州といえば焼酎の時代。


佐賀の日本酒の蔵元は中々苦戦を強いられてきたとのことです。


そんな苦境においてもしっかり根を張り、今に至る鍋島というブランド。


蔵元HPの「鍋島伝」で紹介されているように、今もずっと「Indies」のアーティストで在り続けること。


それが「今年もおいしい。鍋島」につながっているのだと思います。


初心者の方にもぜひ、飲んでいただきたい日本酒です。



富久千代酒造有限会社

〒849-1322佐賀県鹿島市浜町1244-1

http://the.nabeshima.biz/




1 コメント

【福島】弥右衛門 純米吟醸 無濾過生原酒

香り  ★★★★

おちついた美麗、洋ナシのような香りです

旨み  ★★★★★ 

(懐の深さ、上質で押し寄せる旨み)

キレ  ★★★★ 

(雑味が残らないキレ、口中の油を洗い流します)

甘み   ★★★★

(肉系の甘みに同調するほのかな甘み。)

エンタメ ★★★★

(五感で感じるSAKE空間の創造)

皆様こんばんは(^^)/


日本酒のご紹介です。


会津喜多方の銘酒 弥右衛門を醸す大和川酒造。

江戸時代中期(寛政二年)一七九〇年の創業で、九代に渡って続く老舗の蔵元です。

こちらは【北方風土館】として、ギャラリーや利き酒ルームも用意されていたり、江戸・大正・昭和の蔵がそれぞれ保存され、見学できるようになっておいます。


そして、

弥右衛門のラインナップの凄味は何といっても「旨みの質」です。


純米大吟醸・純米・本醸造と様々な酒造りを行う中でも、一貫してその旨みの懐の深さが際立ちます。


どっしりとしていて、余韻が長く雑味がない。まさに「懐が深い酒」なのです。


日本酒全体の味のバランスを考えて作られていないお酒は、
香りや旨み・苦みといった各要素が調和しないまま雑味となって残る。
人間の舌はこれを敏感に感じ取ります。



この弥右衛門は、旨みを追求しながらもそれが活きるベストなポイントを突き詰めているお酒と言えるんではないでしょうか?

皆様もお試しください(^^♪


合資会社 大和川酒造店

〒966-0861 福島県喜多方市字寺町4761

http://www.yauemon.co.jp/



続きを読む 1 コメント

【京都】英勲 やどりぎ 純米吟醸 限定流通品

 

 

 

香り★★★★★

エレガントで上質。気品があります。

 

旨み★★★★

絶妙なバランスで爽やかな旨み

 

食中酒★★★

ハーブ系、白身魚、そばなどに

 

レア★★★★★

特別限定流通酒

 

ヒストリー★★★★

京都伏見。明治28年創業

京都伏見の老舗酒蔵、齋藤酒造さんの、限定流通ブランド やどりぎです。


このお酒は、京都産の酒造好適米【祝】を使用した限定の純米吟醸酒。

ある特定の酒屋さんにしか卸していません。


そして某大手航空会社のファーストクラスの機内酒で使用されていたお酒でございます。

この蔵元さんには、蔵見学や以前働いていた店舗では試飲会もして頂きました。


純米吟醸ですが、純米大吟醸表示もできるお酒。


味わいは上品でエレガント。

派手さを追求したお酒ではなく、気品が漂います。

関西へお越しの際はぜ飲んでみてくださいね。


---------------------------

斎藤酒造

京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105番地

http://www.eikun.com/index.htm



1 コメント

【群馬】流輝 特別純米 舟搾り無濾過生酒

こんばんは(^^)/

 

本日は、群馬県 流輝(るか) をご紹介。

 

関西でつい最近まで過ごしていた私は、初めて出会った銘柄で、今回飲んだのは、舟搾り純米無濾過生酒。

 

名前から想像して、中々パワーのあるはじける酒質かなと思いつつ・・・

 

無濾過生酒らしいしっかりとしたパワーはあるものの、

 

全体的にまとまりのあるまろやかなお酒。

 

しっかり食中でもいけちゃいます。

 

春が近づくにつれ、初かつおが出回ってきていますので、

 

今日は厚切りにしたカツオのたたきと一緒に頂きました(^^)/・・・・・うまい。


蔵元杜氏様もまだお若く、これからに期待される注目の蔵元ですので皆様覚えておいてくださいね☆

 


続きを読む 1 コメント

東光 セブンイレブン限定 純米吟醸

こんにちは。

本日はお休みだったので、ふとコンビニに立ち寄ると・・・

東光のセブンイレブン限定純米吟醸を発見!!

 

最近は各コンビニでも日本酒のラインナップが多くなってきてますが、東光さんを発見したのは初めてでした。

 

ボトルはキレイなブルーカラー、

容量は500ml で1000円ほどの甘口。

ふんわり甘い果実の香りが漂います。

 

こうやって身近に日本酒が増えてくるのはうれしいですね。

 

よければお近くのコンビニで探して見てください★

 

Instagram

続きを読む 1 コメント

【奈良】風の森 純米 ALPHA TYPE1

本日の日本酒図鑑。

今日は奈良の【風の森】です。

 

このシリーズは【次章への扉】というテーマが裏ラベルに印字されている通り、

まるでスパークワインのようなキメ細かい発泡性のある日本酒です。

 

最近多くのsparkling系日本酒が出てきています。

その中でもこのお酒は

「世界を視野にいれたquality」

 

全体的に爽やか。

sensitiveでelegantな発泡感。

日本酒らしい優しい旨み。

 

伝統と、最先端の技術がしっかり詰まっています。

 

ぜひお試しくださいね。

 


続きを読む 1 コメント
Instagram