5/10

物欲なき世界より

市場で求められる価値基準も変わる。新しい、見た目がいい、機能が多い、高級といった価値よりも、関わっている人の顔が見える、信用できる、長く使える、公益的といった価値に重きを置かれることになる。」(物欲なき世界より引用)

 

このように食の業界でも、ただのクラフトブームではなく、根底に流れる時流となっています。

その影響で消費者から「ホンモノ」の認定をもらえない企業はどんどん淘汰されていく。

体感的にそんな感じがします。