しない生活。いいよねぇ

皆様こんにちは。


今日は久しぶりに自分のことを書いてみます。


僕は本を読むのが大好きなのですが、


ついこのあいだの休日、古本屋で見つけた小池龍之介さんの「しない生活」。


それを読んで凄く自分にあてはまる一節がありましたのでご紹介します。


それは


ー「こういう自分でありたい」と願えば願うほど、苦しみが押し寄せる。ー


という一節。




なんとなく、最近、自分も理想や目標にとらわれ過ぎていたなぁと感じます。


本来自分が好きだった日本酒のことも、心地よい生活を求めることも、


「こうありたい」と思う中で次第に、


「こうあらなければ」に変わっていってしまったようです。



だから結局ブログの更新も義務化してきて、


始めたころのウキウキした気持ちが薄れていく中で、


結局更新しなくなっていったみたいです。


本当の自分の心は「楽しくないのに書きたくなかった」なんですよね(笑)



移り変わる自分の心を「美しい」と思えるか「ダメなヤツ」と捉えるか。


今までは「ダメなヤツ」と思う自分が勝っていたけど、


今は「美しい」と思って、


ちょっと自分で笑いながらこんなこと書いてます(笑)



もう一度ありのままの自分をさらけ出して、


日本酒があって、心地よい生活を表現してきたいな。



今日は仕事を早めに終わらせて、


おいしい日本酒を買って、しみじみゆったり過ごしま~す。







移り変わる自分の「美しさ」で 心地よい生活を


SAKE_SHIN