責めとは?

皆様こんにちは(^^)/

 

本日は「責め」という専門用語についてお話します。

 

「あらばしり」「中汲み」のところでもお話したのですが、

 

この「責め」という言葉は、

 

搾ったお酒の順番を示す言葉の一つです。

 

搾ったタイミングによって、味わいが異なるのが日本酒。

 

ですので、そのうちの一つ、搾りの最後の部分が「責め」というわけです。

 

ちなみに、「あらばしり」「中汲み」「責め」の順番となりますよ(^^♪

 

※詳しくは「あらばしりとは?」で説明しています。

では早速ですが、「責め」の特徴とはいったい何でしょうか?(^^)/


「あらばしり」→「中汲み」と比較的圧力を弱めにかけて搾られてきたお酒。


最終的に搾りきると、酒粕として残るわけです。


同じ原理を水に浸したタオルをねじって絞る時のことをイメージしてみましょう。


最初のうちは少し絞っただけで、含まれていた水があふれ出しますが、


次第に力をかけて絞っても雫が垂れなくなってきますね(>_<)



ですので搾り切る一歩手前の「責め」というタイミングの日本酒は、


かなりの圧力で搾られて出てくるのが特徴です。


そうすると味わいはどうなるか・・・・


①雑味が多い

②アルコール度数が高い


ということですね(笑)。


まぁ、雑味が多いのはなんとなくイメージできますよね?


そして、最後まで残った濃厚な成分を搾りだすわけですから必然的にアルコール度数も高くなります。

これだけ見ると。。。。中々飲みづらそう。。。と思われる方もいるかもしれません。


だからこそ、「責め」のみの日本酒というのは通常中々出回りません。


しかし、近年はこの「責め」ばかりを集めたお酒なども販売されてきています(#^.^#)


肉で言えば、ハラミやギアラ、ハチノスなどのホルモンの


各部位が注目されてきているのと似ていますね(^^)/




また、日本酒の世界ではブレンドというものが一般的で、


通常「あらばしり」「中汲み」「責め」合わせてブレンドされ、酒質を均一化させます。


理由は、かんたん。


日本酒は微生物の働きによって醸されていますので、仕込みごとでも味わいが変わります。


良いも悪いも自分の蔵元の味という「ブランド」を形成するためには、ある程度調整が必要になります。


毎回違うお酒というのも嬉しい要素ですが、


みなさんが好きなお酒や蔵元にははっきりとした特徴がありませんか?


その特徴が好きで、リピートもしますよね(^^♪


ですので、決して悪いことではないですよー!


「責め」の説明でしたがちょっと「ブレンド」についても話してしまいました(笑)




皆様、これを機に「責め」ラベルの日本酒を見つけたら、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね(^^)


美味しい日本酒で 心地よい生活を


SAKE_SHIN