あらばしりとは?

皆様こんにちは(^^)/


今回は日本酒のあらばしりの説明をしてみます。


まず「あらばしり」とは、


搾ったお酒の順番を示す言葉の一つです。


搾ったタイミングによって味が変わってくるため、このように名前がついているんですね。


そのうちの一つが「あらばしり」なのです。

☝こんな風にタンクでしこまれていますね(^^)/


そして、出来上がった日本酒の一歩手前の液体=醪(もろみ)を順に


圧力をかけてお酒を搾っていくのですね。



この醪(もろみ)を搾ると、日本酒と酒粕に分かれるんです。


そして、最初に搾られてくる日本酒のことを「あらばしり」


と呼びます。


さて、そのあらばしりの特徴は何かというと・・・・


あまり圧力がかかっていないタイミングで溢れてくる日本酒なので、


①少し濁っている。

②香り高いものが多い。


というところ。


まぁ、少しプレスするだけで溢れてくるのだから、


活きの良いやつというイメージにもなるかな。


はやく搾ってくれよと待ちきれないヤツ達なので、ピチピチです(笑)


ちょっとイキのいいヤツを探しているなら「あらばしり」表示を探すのもいいかもしれません(^^♪


ちなみに、そのあとには「中汲み」「責め」と続きます。


それはまた別のページでご紹介しますね。





美味しい日本酒で、心地よい生活を

SAKE_SHIN