【東京】屋守 純米中取り 無調整生

香り  ★★★★

◇「お米のジュース」「完熟メロン」というフルーティかつ米の甘い香り。 

旨み  ★★★★ 

◇透明感があるのに濃淳なのは技術の高さ。「ミラクルジューシー」な旨みです。

キレ  ★★★ 

アルコール感があり、程よいキレ。純米らしい余韻も◎

料理   ★★★

◇このお酒のフレッシュさは「アテいらず」。敢えて言うなら、整えるたこ酢や塩辛。

CP ★★★★

◇決して安い純米ではないですが、技術が高く飲み応え抜群なのでCPはよし!



東京の人気酒 屋守

今回は東京都の地酒として人気の屋守(おくのかみ)を紹介します。


こちらの日本酒は、東京都東村山市(埼玉県との境目で志村けんさんの地元)


で醸されている日本酒で、地酒専門店にのみ流通する限定流通酒です。


純米表記ですが、精米歩合は50~55%と非常に高精米のお酒で、


トカゲ(やもり?)のキャラクターがトレードマークですね。



ミラクルジューシー!

この日本酒の特徴(屋守というシリーズ)は何と言っても


「ミラクルジューシー!」(笑)


完熟のみかんやメロンを食べた時に、濃厚な甘さと「シュワッ!」と発泡性


感じた記憶はないでしょうか?


それを私は「ミラクルジューシー」と勝手に読んでいますが(笑)、


まさにそれに匹敵するジューシーさなのです。


果物っぽい甘みなのですが、お米の旨みもしっかりあります。


ただ、「ご飯」ではなく「お米ジュース」と表現したほうが良いかも。


何にせよ、今の時代にしっかりフィットする日本酒という点では


センスと技術が光るお酒です。


わざわざ料理に合わせなくていい

このお酒は、「料理に合わせず、お酒だけを楽しむ」ことをオススメします。


キャラクターがしっかりしているし、


お酒だけで「完結できる」タイプですね。


しかし、ずっと飲み続けるには濃厚なタイプかもしれません。


なので私は、食卓では最初の方に1杯~2杯飲んで次のお酒にバトンタッチしていきます。


それくらいがちょうど、「屋守、最高!」と思えるゾーンだと思っています。


お酒を料理に合わせるタイプではないので、


敢えて言うなら「たこの酢の物」「マリネ」「カルパッチョ」などの酸味がある料理。


さっぱりとした心地よい酸で、口の中をリセットすると、どんどん飲めます(^^)/



トータルで言うと

「今の時代の味覚にマッチした、最先端日本酒」


どうぞお試しください。


豊島屋酒造株式会社

東京都東村山市久米川町3丁目14-10